畳が古くなり土台ごと畳を新しくしたい

和室に行くと、畳がへこんでいる、お家を建ててから、一度も畳の手入れをしたことがない、とりあえず綺麗にしたい

畳を新しくすることについてまとめました。

お客様から、相談を受けることについて

畳を新しくしたいけど、ジュータンを敷いていて、後回しになっている、
タンスを置いているから、動かして畳の交換をしてくれるの、畳の下の板も交換してくれるの、と、よくご質問をいただきます。

当店では、どのような状況でも、畳の交換をします。

手順としては、まずお客様の和室の現状を見させていただく必要があります。
和室の採寸をするための準備も必要ですし、お客様との打ち合わせも重要だからです。
打ち合わせの時は、畳の土台の選定、畳ゴザ、畳ヘリも選んでいただきます。

次にお見積りを作成します。
お客様がお見積り内容にご納得いただけましたら、ご契約をしていただき、畳の採寸の日程、畳が入るまでの期日を決めます。
畳を新しくする日数は、和室の採寸日から、10日から、14日かかります。

 

新しい畳を作り、納品時に、現在敷いてある畳と交換になります。
その際には、今敷いてある畳を取った後、床板の清掃をし新しい畳を敷いて行きます。

畳が敷き終わった後、1枚1枚畳を乾拭きして完了します。

床板を直す場合は

和室を養生して、今ある床板を解体、撤去し、支え部分が悪くなっていないかも確認します。
支え部分が弱っている場合は、そちらも直してから、新しい床板にします。
そのあと、畳を敷き、1枚1枚畳を乾拭きし完了となります。

基本的に、畳のおもてがえ作業と同じです。

お客様は見てるだけで工事完了となりますので、お気軽にご相談ください。

畳の張り替えから、リフォームまでお任せください。

 

塩釜市で創業60余年
株式会社 ベルシステム
022-368-5565

関連記事

PAGE TOP